スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
ヴィターリー・カネフスキー「ひとりで生きる」
ユーロスペースでヴィターリー・カネフスキーの「ひとりで生きる」を見た。

昨年末もカネフスキー特集があった。
この監督のことはまったく知らなかったけど、とにかく良いという話を聞いて、この時、三部作の1つめ「動くな、死ね、甦れ」を見た。
これが、本当によかった!

舞台はロシア。戦後の暗い時代の話だけど、人々が逞しくて生き生きしてる。言い争うシーンが多いんだけど、それが面白いの。
主役の少年ワレルカの度がすぎるいらずらや、少女ガリーヤのやりとり(どつきあい)が本当に面白い。

あと、新鮮だったのがシベリアに抑留されている日本人がロシア目線で描かれていること。
差別的で辛くなったけど。
軍人さんがぼそっと歌う日本の歌がとても沁みた。


そんな1作目を終了ちかくに見て、続きが見たいと思ったけど見られず、とても後悔していた。こんなに早く再上映してくれるとは!


「ひとりで生きる」
もーーーやられた。いきなり序盤で度肝を抜かれるシーンが。
ぐったりしている豚をワレルカがやさしくなでる。この豚がとてもかわいい。でもきっと殺されるんだろうなと思った。
やはり、すぐにナイフを持った男がやってきて、豚の喉元にナイフを当てる。
そこでシーンは変わるだろうと思った。

ところが、本当に豚にナイフを入れたのだ。
おとなしくしていた豚の悲痛な叫び、ナイフはどんどん入れられ血が流れる。

痛い痛い痛い。。
でも、肉を食べるってこういうことなんだよね。

暴力的なシーンや性描写もエグいシーンが多い。
普通の映画なら隠すところをがんがん見せてくる。
でもそれは不快ではなくて。やりきっていてかっこいい。

なんて書くと重い映画と思われるかもしれないけど、これまた人々のやりとりが面白くて笑っちゃうシーンもいっぱい。
そしてワレルカの体当たりの演技がすごい。この年の少年にここまでやらせるかという。色んなことをやらかし、どんどん進んでいくワレルカが爽快。


1作目はモノクロだし、戦後の雰囲気がリアルなので、かなり古い映画だろうと思ったら…
89年制作で、主役の二人は私と年が6つしか違わないと知ってびっくり。
ワレルカ役のパーヴェルが選ばれたきっかけがすごい。

「僕(カネフスキー)は何校もの学校を訪ね、何千人もの少年に会った。そして突然、小さなシャツをはだけて、たばこを口にくわえ、18人くらいの 女を引き連れた13歳の少年に出会った。これは、かつての僕だ、と叫んだ。」

リアルに不良でまったくの素人だったなんて。
こういう人を起用したカネフスキーもとんでもない人だね。
そして、こんな傑作をつくった後に忽然と姿を消したそうで。。

あーなんて気になる人!


「ひとりで生きる」は今日5日まで、6,7日は「ぼくら20世紀のこどもたち」
http://www.eurospace.co.jp/detail.html?no=270
| pocco | 03:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
poccorecco vol.6
【poccorecco vol.6 おすすめアート情報】2010.3.18

こんにちは、poccoです。
最近は暖かかったり寒かったりですが、体調くずされていませんでしょうか。
気がつけば、行きたい展示が終了間際。またギリギリですみませんが、お伝えします!


◆「エレメント」構造デザイナー セシル・バルモンドの世界
3/22(月・祝)まで オペラシティアートギャラリー(初台)
http://www.operacity.jp/ag/exh114/
excite ismの展示レポート
http://www.excite.co.jp/ism/concierge/rid_12645/pid_1.html

メインビジュアルになっている7,000枚のアルミプレート、
吊るされているのではなく自立しているそうです。驚き!


◆長谷川等伯展
3/22(月・祝)まで 国立博物館 平成館(上野)
http://www.tohaku400th.jp/

国宝 松林図屏風を10分くらい眺めたいところですが、大混雑とのこと。
*20日(土)に行くのですが、朝9時から一緒に行ってくれる人募集中!


◆サイバーアーツジャパン アルスエレクトロニカの30年
3/22(月・祝)まで 東京都現代美術館(清澄白河)
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/cyberarts/


◆MOTアニュアル2010:装飾
4/11(日)まで 東京都現代美術館(清澄白河)
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/111/1
「装飾」をテーマとした緻密にして壮大な若手作家の展示。
私は複雑な陶作品の青木克世に注目しています。


◆アートフェア東京
4/2(金)〜4(日) 東京国際フォーラム(有楽町)
http://www.artfairtokyo.com/
国内外100軒以上のギャラリーが集結!


◆大竹夏紀「Affection of idols」
4/11(日)まで DIESEL DENIM GALLERY AOYAMA(青山)
http://www.diesel.co.jp/denimgallery/
インタビュー
http://www.shift.jp.org/ja/archives/2010/02/natsuki_otake.html

ろうけつ染めで描かれた色鮮やかなアイドルたち。
圧倒的な色彩にうわ〜〜と嫌悪感を抱く人もいるでしょう。私も最初はそうでした。
でも実物は、何というかとてもきれいで受け入れられる色なのです。
布に染み込んだ色に深みを感じます。


◆【PV】OK GO 大掛かりなピタゴラ装置!
http://www.youtube.com/watch?v=qybUFnY7Y8w


◆【PV】サカナクション「アルクアラウンド」
アナログな文字の仕掛けが面白いです。1カット長回し!
http://www.youtube.com/watch?v=vS6wzjpCvec


<<編集後記>>
Ustream、盛り上がってきましたね。
今月、衝撃的な出来事といえば、DOMMUNE(ドミューン)の登場。
http://b.hatena.ne.jp/articles/201003/945
まず、Ustreamってこんな高画質・高音質にできるんだ!という驚き。
あの臨場感はすごいですね。
そして、リスナーの一体感。Twitterで書き込みながら皆で盛り上がる。
部屋で一人で聞いているとは思えない高揚感。
実際にクラブに行きたくなっちゃいました。宇川氏の策略にはまりそう。。

さて、私が関わっているNPOコンテンポラリー・アート・イン東京の
「アート・ビジット・プロジェクト」でもUst配信します。
ギャラリーを訪問し、ギャラリストやアーティストへのインタビューをUstで中継。
ナマの声をお届けします。(来週から、週1回くらい)

めざせ、ドミューーン!(…ジャンルが違いすぎる 笑)

「アート・ビジット・プロジェクト」のブログはこちら。サイトは制作中!
http://artvisit.jugem.jp/
| pocco | 01:23 | comments(2) | trackbacks(0) |
サカナクション「アルクアラウンド」



アナログな仕掛けのある文字がおもしろい。福田繁雄的な世界だなぁ。
1カット長回し!
歩く歩く歩く。曲の内容とも合っていて秀逸なPV。
| pocco | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
OK Go ピタゴラ的装置!


大掛かりなピタゴラ的装置、すごいすごいー!!
こういう装置、何ていうんでしょうか。。
| pocco | 22:48 | comments(1) | trackbacks(0) |
ある日のtweet ーギャラリーと入場料・寄付ー
最近、どうしたらギャラリーに足を運びやすくなるか、アートにもっとお金が入ってくるかと考えたりする。

先週、ツイッターでこんなことをつぶやいた。

「ギャラリーは無料だけど、逆に少し入場料取ってくれた方が入りやすい。買えないから申し訳ない気分になってしまう。それに、好きな作家には数百円でも出したいと思うけど、そういう機会もなくて残念。」

こんな個人的なぼやきが沢山RT、リプライをいただき驚いた。
1万を超えるフォロワーがついている@TokyoArtBeat_JPさんにRTされたことが大きいのだけど。
こういう問題に関心を持っている人、共感してくれる人がこんなにいるのかと驚き、嬉しかった。沢山のご意見もいただいた。
Twitterでは流れてしまうので記録しておく。

皆さんありがとうございます!
Twitterの醍醐味を感じました。


@kamechiyoさん
この気持ち、よくわかる。

@
maihotateさん
!!なるほど。見ても忘れることもあるし。すごく率直なご意見。

yossuさん
同感。無料故の入りにくさ。

okatchさん
共感。

@
hiroshitterさん
同感。お茶でてきたり。。

ikhrnetさん
すごくわかるよ、その気持ち。

TokyoArtBeat_JPさん
Twitterの醍醐味ですねー、いろんな観点があるところですから、皆さん気にしている話題だったんでしょうね。

@yama3gさん
難しい問題ですよね。入場料設定したら急にお客さん入らなくなったりもするらしいですし。。。

@ouruoさん
作家やギャラリーは観客が来てくれるだけで嬉しいのです。特に現代作家は、作品が売れるなんて想像する人は、有名作家以外いないと思います。どんどん訪問して作家と話してください。(元ギャラリー経営した経験から)

@
kamechiyoさん
かといって、無料だからこそふらりと入って生まれる出会いもあるから、その機会が減るのはもったいない。観終わった時に少額を支払える寄付制度みたいなのがあればベストかなぁ?

junbronsonさん
ギャラリーツープラスでは「ピンクの豚のサポート貯金箱」と称してお菓子などの差し入れよりも作家に募金してくださいという活動を行っていますね。
http://tentaikansokusya.com/

yucoon
さん
銀座ギャラリーツープラスでは「お菓子やお花はいりませんから作家支援のための募金を」と書いた箱が置いてあって、快く応援させてもらった経験があります。

KEN3TVさん
今度の展示会には寄付金箱をおいてみよう
→結果報告お待ちしてます!


@ry2k2さん
原宿のvacantは500円とったりしますね。気軽に作品を手元に置いてもらう意図でzineなどの小冊子を販売している作家もいます。数百円から数千円と幅がありますので、支援になるかも。申し訳なくなる気分わかります。そういう支援の気持ちで見るのっていいですね。

shuhei_fukudaさん
すごく同感。フライヤー持参で無料とか、有り..? それで運営とか作家側の負担が多少減るならば尚更 [アーティストとパトロン(?)]より現在に合う気がする。言い方変だろうか..

Az_Takahikoさん
面白い考え方。アートフェアって、そういう考え方なのかもなぁ。昨日の柳画廊メルマガにもありましたけど、アートフェア参加条件は企画画廊であること。入場料を取るのは、企画画廊の定義に反したりしないのかしら・・・入場料ではなくミニパンフ代として必ず配布なんてのは?

ma_chi_coさん
個人的にもギャラリー寄付金の話おもしろいなあと思いましたw

npocatさん
半分作家に半分社会貢献に回る寄付箱を夢想

 →
itutubosiさん そうなるといいですね!


私「
この間のG-TOKYOは高い作品も気兼ねなく見られてよかったです。ギャラリストに気軽に質問できたし。私もお金払ってるんだからって意識だったので。

Az_Takahikoさん
そう、だからギャラリーとしては、フェアという形をとらざるを得ないのかもしれませんね。ただ場所代や運営費がかかるからアーティストにどれくらい入るかっていうと微妙かも。そこは問題の発端からは離れてしまいますね。



皆さんのご意見を見て、入場料というのはダメだなと思った。
まずハードルが上がってしまうから。とりあえず見てもらわないと。
見た後に気持ちとしてお金を渡せる仕組み(寄付箱など)があるといいと思う。

でも、ただお金を渡すのは…相当好きじゃなきゃできない。
何か見返りがほしいと思ってしまう。

ポストカードとか図録を高めに売るのがいいかな。
ただ、この制作費の方が高くなってしまったら本末転倒だけど。



今のギャラリーの仕組みでは、作品を買う人からしかお金がもらえない。
数万円か0円か。
全か無かという選択肢しかないことに問題を感じる。

好きな作家に少しでも、気軽に支援ができるようになったらいいと思う。



美術作家もファンクラブ的なものがあったらいいのに。もうありますか?
というつぶやきに対しての反応も。

littlefannetさん
まさに! 同じ考えでLittlefan.net というファンがアーティストを応援するための仕組みづくりをスタートしようと思っています。
http://www.littlefan.net/

→今後が楽しみです



作品をいっぱい買って、堂々と色んなギャラリーを巡れたらいい。
そんなの夢の夢だ。
5万で「安い」とか言われても。。
いや、庶民には高い。

こんな私が、いい作品を見せてくれるギャラリー、アーティストのためにできることは何だろうか。


そんな、もやもやしている私のアカウントはこちらです。
http://twitter.com/poccobocco


ご意見などありましたら、お気軽にコメントお書きください。

| pocco | 02:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
Page: 2/11  << >>

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Entry

Category

Archives

Comment

Trackback

Profile

About

poccoアート・デザイン観賞日記。現代アート、パフォーマンスが好きです。本業はウェブでザーナー。

Search

Feed

Others

Mobile

qrcode 新卒採用2018 | GMOペパボ株式会社
-->