スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
ヴィターリー・カネフスキー「ひとりで生きる」
ユーロスペースでヴィターリー・カネフスキーの「ひとりで生きる」を見た。

昨年末もカネフスキー特集があった。
この監督のことはまったく知らなかったけど、とにかく良いという話を聞いて、この時、三部作の1つめ「動くな、死ね、甦れ」を見た。
これが、本当によかった!

舞台はロシア。戦後の暗い時代の話だけど、人々が逞しくて生き生きしてる。言い争うシーンが多いんだけど、それが面白いの。
主役の少年ワレルカの度がすぎるいらずらや、少女ガリーヤのやりとり(どつきあい)が本当に面白い。

あと、新鮮だったのがシベリアに抑留されている日本人がロシア目線で描かれていること。
差別的で辛くなったけど。
軍人さんがぼそっと歌う日本の歌がとても沁みた。


そんな1作目を終了ちかくに見て、続きが見たいと思ったけど見られず、とても後悔していた。こんなに早く再上映してくれるとは!


「ひとりで生きる」
もーーーやられた。いきなり序盤で度肝を抜かれるシーンが。
ぐったりしている豚をワレルカがやさしくなでる。この豚がとてもかわいい。でもきっと殺されるんだろうなと思った。
やはり、すぐにナイフを持った男がやってきて、豚の喉元にナイフを当てる。
そこでシーンは変わるだろうと思った。

ところが、本当に豚にナイフを入れたのだ。
おとなしくしていた豚の悲痛な叫び、ナイフはどんどん入れられ血が流れる。

痛い痛い痛い。。
でも、肉を食べるってこういうことなんだよね。

暴力的なシーンや性描写もエグいシーンが多い。
普通の映画なら隠すところをがんがん見せてくる。
でもそれは不快ではなくて。やりきっていてかっこいい。

なんて書くと重い映画と思われるかもしれないけど、これまた人々のやりとりが面白くて笑っちゃうシーンもいっぱい。
そしてワレルカの体当たりの演技がすごい。この年の少年にここまでやらせるかという。色んなことをやらかし、どんどん進んでいくワレルカが爽快。


1作目はモノクロだし、戦後の雰囲気がリアルなので、かなり古い映画だろうと思ったら…
89年制作で、主役の二人は私と年が6つしか違わないと知ってびっくり。
ワレルカ役のパーヴェルが選ばれたきっかけがすごい。

「僕(カネフスキー)は何校もの学校を訪ね、何千人もの少年に会った。そして突然、小さなシャツをはだけて、たばこを口にくわえ、18人くらいの 女を引き連れた13歳の少年に出会った。これは、かつての僕だ、と叫んだ。」

リアルに不良でまったくの素人だったなんて。
こういう人を起用したカネフスキーもとんでもない人だね。
そして、こんな傑作をつくった後に忽然と姿を消したそうで。。

あーなんて気になる人!


「ひとりで生きる」は今日5日まで、6,7日は「ぼくら20世紀のこどもたち」
http://www.eurospace.co.jp/detail.html?no=270
| pocco | 03:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 03:23 | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Entry

Category

Archives

Comment

Trackback

Profile

About

poccoアート・デザイン観賞日記。現代アート、パフォーマンスが好きです。本業はウェブでザーナー。

Search

Feed

Others

Mobile

qrcode
-->