スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
眠り姫
人が姿を見せないということで気になっていた映画、「眠り姫」を見た(七里圭監督作)
http://www.nemurihime.info/

<

これは、新しい映画体験!

主人公の女の子が一瞬映るだけ。表情もよく見えない。
あとの人物はまったく姿を見せない会話劇。
目に前の映像と、頭の中の想像で映画ができていたという感じ。

そして、映像がとてもとても美しい。
だんだん明るくなっていく夜明けの空、誰も踏み込んでいない校庭の雪、誰もいない電車、テーブルの上のグラスの光… どこを切り取っても絵になる。
特に夜明けの風景はとんでもないこだわりで撮られたそうだ。それがとても伝わってくる。

この映画は何だか怖いと思っていた。
精神がおかしくなる話だし、
人がいない風景というのは不気味なんじゃないかと。
でもそんなことはほとんど感じなくて、むしろ清々しかった。

「あの頃、僕は心底、人が煩わしかったんだと思います。
人のいない風景は、なんて美しいんだろう。」

こんな思いで撮られたらしい。
私も人に疲れているということか?

でも本当に、人が映っていなかった気がしない。
映像と想像が合わさったものが、記憶として残っているから。


これを上映しているアップリンクXは素敵なミニシアター。
色々はおしゃれな椅子が並べられていて、映画好きのお金持ちのシアタールームにお招きされたような気分だった。

アップリンクX(渋谷)
10/24(土)〜11/6(金)連日20:50
http://www.uplink.co.jp/x/log/003219.php

http://www.webdice.jp/dice/detail/2015/
| pocco | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:59 | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Entry

Category

Archives

Comment

Trackback

Profile

About

poccoアート・デザイン観賞日記。現代アート、パフォーマンスが好きです。本業はウェブでザーナー。

Search

Feed

Others

Mobile

qrcode
-->