スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
ざ・鬼太鼓座
「ざ・鬼太鼓座」をみてきた。「おんでこざ」と読む。
 
吉祥寺バウスシアターの「爆音映画祭」で。
本当にここで見てよかった。
会場を震わせるほどのドドドドという太鼓の低音。腹に響いて気持ちよかった!

鬼太鼓座は和太鼓を中心とし、三味線や琴や踊りもやる芸能集団。
音楽というよりスポーツ。
エッサエッサと雪の日も上半身裸で走っている、すごい人たち。
この映画が作られた1981年当時は佐渡を拠点に活動していた。

ドドーンと激しくしぶきをあげる荒々しい日本海と、走る姿から始まったこの映画。
音楽と厳しく向かい合う姿を追ったドキュメンタリー かと思いきや…

ドキュメンタリーというよりアートフィルムというか…何だか変な映画。
けっこうシュール。前衛的というか。。鈴木清順に似ているところもけっこうあった。

トレーニングや練習風景はあるけど、音楽に対するインタビューはまったくない。
それなのに、女性たちが結婚観を長々と話している場面があり、このチョイスが不思議。

音も普通の人には受け入れがたいだろうなーという感じ。私はけっこう面白いと思ったけど。
鬼太鼓座の音に加わる一柳慧の電子音。
ちょっと入っているくらいかと思いきや、ガンガン主張してた。
こりゃあタイトルを鬼太鼓座featuring一柳慧にしたほうがいいんじゃないかって思うくらい。
ここまで電子音を入れた意図は何だったんだろう?

電子音なしの演奏もあった。色々な楽器の演奏シーンがあり(後半はほとんど演奏シーン)
なかでも三味線がすごくかっこよかった。三味線を大音量で聴く機会なんてめったにないから。

鬼太鼓座、聴いてみたい!今は富士山麓で活動中。
http://www.ondekoza.com/
| pocco | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:59 | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Entry

Category

Archives

Comment

Trackback

Profile

About

poccoアート・デザイン観賞日記。現代アート、パフォーマンスが好きです。本業はウェブでザーナー。

Search

Feed

Others

Mobile

qrcode
-->