スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
bookmark:寄藤文平 初のイラスト展「KIT25」
アートディレクター寄藤文平氏による初のイラストレーション展「KIT25」が開催される。
多くの広告やロゴなどのアートディレクションを手掛け、『ウンココロ』(実業之日本社)、『死にカタログ』(大和書房)の著者としても知られる寄藤文平氏のイラストに焦点を当てた展覧会。リクルートのフリーマガジン『R25』(リクルート)のイラストをはじめ、東京メトロマナー広告等のイラストレーション作品や原画の展示が行われる。

9月24日〜10月25日
@btf
(クリエイティブディレクター青木克憲氏が率いるバタフライ・ストローク・株式會社のクリエイティブスペース)
11時から19時(月曜・祝日は定休)
入場無料

http://www.shopbtf.com/at/tenran_090924.html
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/09/17/001/?rt=m&t=o&n=2875

| pocco | 02:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
TOKYO FIBER '09 SENSEWARE
人工繊維を使った作品の展示。アーティストと企業がコラボレーション。
入場無料!
http://tokyofiber.com/

紙のような繊維、柔らかい繊維からプラスチック、光ファイバーが埋め込まれたコンクリートまで、様々な繊維が見られた。

とても惹かれたのが東信の苔の庭。
繊維に苔が植えられていたのだけど、繊維はあまり関係なく、作品が良かった。
会場全体が白い床、まるく(ゆがんだ曲線で)切り取られた中に色々な苔がびっしり。
ガラス一枚隔てて外まで続いていた。
白と緑のコントラストが美しく、まるい形は心が和んだ。
これでレストランを作ってほしい!
| pocco | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
bookmark:『広告跳躍時代』 昭和の広告展[] −1970年代・80年代−
 『広告跳躍時代』 昭和の広告展[] −1970年代・80年代−
2009年7月29日(水)〜10月3日(土)
アド・ミュージアム東京(入場無料) (カレッタ汐留)
http://www.admt.jp/exhibition/program/2009_showa3.html

「元気だった時代」の広告。刺激うけられそう。
| pocco | 10:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
bookmark:骨展
デザイナーとエンジニアの視点を持って活躍する山中俊治を展覧会ディレクターに迎え、洗練された構造を持つ生物の骨をふまえながら、工業製品の機能とかたちとの関係に改めて目を向けます。
キーワードは「骨」と「骨格」。12組の作家による作品に触発されながら、「未来の骨格」を探っていきます。

21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン)
2009年5月29日(金)- 8月30日(日)
11:00 - 20:00(入場は19:30まで)
火曜休
一般1,000円、大学生800円
http://www.2121designsight.jp/bones/
| pocco | 16:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
Page: 1/1   

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Entry

Category

Archives

Comment

Trackback

Profile

About

poccoアート・デザイン観賞日記。現代アート、パフォーマンスが好きです。本業はウェブでザーナー。

Search

Feed

Others

Mobile

qrcode
-->