スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
パクチーハウス
話題のパクチーハウスに行きました。
周りで行ってる人めちゃ多い!
パクチーが好きか嫌いかとか考えたこともないくらい、パクチーを食べることが少ないのですが、めずらしいので行ってみました。

本当にパクチーばっかり!
友達と4人で行って、サラダ、パスタ、ごはん、天ぷらなど6品くらい頼んだかな。
全部おいしくて、ご飯(さわやか!)と天ぷら(サクサク!)が特においしかったです。
パクチーばっかりこんなに食べられるんですねー。
メニューがバリエーション豊かなので飽きなくて、色々食べたくなっちゃいました。


お店のノリがおもしろくて、パクチーを追加する時は「追パクー!」と叫びました。
パクチーのかぶりものが回ってきて写真を撮ったり、
みんなでパークパクパクとパクチーの歌を歌ったりしました。

おいしくて楽しかったです!また行きたいなー。
| pocco | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
3331に行きたい
藤浩志の美術展 セントラルかえるステーション 〜なぜこんなにおもちゃが集まるのか?〜
2012年07月15日(日)〜2012年09月09日(日)

古屋和臣 個展「My Sputnik」
2012年06月09日(土)〜2012年07月22日(日)
| pocco | 15:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
DVカメラでUstする方法
DVカメラでUstする方法です。

--------------
必要なもの
--------------
DVカメラ
IEEEケーブル
Ustreamアカウント
http://www.ustream.tv/
Adobe Flash Media Live Encoder
http://www.adobe.com/products/flashmediaserver/flashmediaencoder/

--------------
はじめに
--------------

●Ustでアカウントをつくり、
Adobe Flash Media Live Encoderに読み込むためのxmlをダウンロードする。
番組設定>その他の設定>詳細設定>
「Flash Media Live Encoder のXMLファイルをダウンロード」

●Adobe Flash Media Live Encoderをダウンロード

--------------
Ust配信の手順
--------------

【1】
ビデオをPCにつなぐ。
ブラウザでUstreamのサイトを開いておく。
(まだ「ライブ配信」は押してはいけない)

【2】
Adobe Flash Media Live Encoderを起動する。(ビデオ映像が映る)
VideoとAudioデバイスを「Microsoft DV Camera and VCR」に設定。

XMLファイルを読み込む。
File>OpenProfile
読み込むとFMS URLのところに情報が入る。

「Start」を押す。

※Adobe Flash Media Live Encoderはダイアログが出てボタンが出ないことがあるけど、アプリケーション以外の画面をクリックすると、なぜかボタンが出る(謎)

【4】
ここでUstreamの「ライブ配信」をクリック。
(画面右上)

「配信の開始」「録画の開始」をクリックすると始まる。

※画面に映像が映らない場合は2からやりなおし。
カメラの電源が切れちゃった場合もやり直しorz


ハナモゲラボさんの記事を参考にさせていただきました。
| pocco | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
桑久保徹「海の話し 画家の話し」・宇野常寛とのトーク
トーキョーワンダーサイト渋谷で桑久保徹さんの展示をやっている。
デビュー当時の作品から新作まで10年間を概観する展示。

「海の話し 画家の話し」
8/7-9/26
http://www.tokyo-ws.org/archive/2010/07/kuwakubo.shtml


今日は批評家・宇野常寛氏とのトークということで、何だこの組み合わせは!と驚き行ってみた。
桑久保さんから宇野さんを指名したとのこと。
空想的な世界だったり、顔がない人物の絵のイメージから桑久保さんは内向的な人なんじゃないかと思っていたけど、熱い口調で社会的なことを語ったりする人だった。
意外!!
小山登美夫ギャラリーっぽいなぁ。

さらにびっくりしたのは宇野氏。
よく○○年代は〜と10年区切りで年代を比較していたのが印象的。
とんでもない知識量で32歳と思えない(桑久保さんと同い年)

宇野氏の話が早口で難しすぎてほとんど吸収できず。。
まとめもできないので断片的メモ。

あの話を英訳していた通訳さん、尊敬します。
私はやさしい日本語訳がほしかったよ。。

・物語回帰

・肖像画の記号性について語っていたけど何がなんだか。。

・今は「外」がない。田舎がない。全部郊外だ。(フロンティアの不在)
日本中どこにいってもマクドナルドやスタバがある。

・「ここではない、どこか」はない。自分の内側を見つめるべき。


桑久保さんの話し

・「今まで言語化できなかったことを言ってくれた」と桑久保さん。
批評家の役目はこういうところにもあるのかもしれないと思った。

・彫刻がいっぱい描かれた作品は、ネットで彫刻の画像をいっぱい検索した結果なのだと。
必要なものだけ選び出し、他を排除するネットの気持ち悪さ。

・小さい作品の方が遊べる。大きい作品の方が自由度がない。(意外!)

・油彩という伝統的な手法で制作しているのは、
ルノワールが好きなおばちゃんも、現代美術が好きなお兄ちゃんにも興味を持ってほしいから。


ふと思ったのだけど、桑久保徹と横山裕一の世界は似てると思う。
同じようなものが寄せ集まってるところ。それと広大な箱庭感。
現実ではない「どこか」

でも、今回は友人のポートレイトが描かれていたのが興味深い。
身近なことに興味がうつってきているよう。
「緑と坂道と屋根の街・座間」(地元)の坂道をいつか描きたいと。

孤独な内側ではなく社会に目が向いていることにちょっと安心した。
独特な桑久保ワールドは続けてほしいけど!

まあまあ、難しい話しはおいといて、
桑久保さんの作品はカラフルでかわいくて、こまごまとした色々なモチーフがあるなーとついつい見入ってしまい、見ていて楽しい。


それと、なんだかんだ言っても、宇野さんの視点はおもしろいと思う。
小さな色々な事象を大きなかたまりとして見るような視点(うまく言えないけど)。
これがわかったら世界の見方が変わるかもなぁ。
| pocco | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
死屍累々 − 会田誠「絵バカ」
 今、ミヅマアートギャラリーではものすごい大作が展示されています。
おびただしい数のサラリーマンの死体が積み重なった「灰色の山」。


それを描いた会田誠さんと三潴さん(ミヅマアートギャラリーのオーナー)のトークショーをNPO CAT(コンテンポラリアートイン東京)でUst中継しました。
私がアートビジットプロジェクトのブログにレポートを書きました。
http://artvisit.jugem.jp/?eid=27


これを書くために2時間分のトークを文字起こし。6時間くらいかかりました。ああ。。
二人ともおもしろくて、いいことばっかり言うから削るのが大変。
こんな苦労しても要点がまとめられてない適当な文章だけど。。
器用になりたい。。


こんな絵を描く会田さんは暗い変態だろうと思ってたけど(失礼)
のんびりした雰囲気で明るくて、かわいい人でした!


この大作、ぜひ生でみてほしいです。(6月5日まで)


Ustはまだ見られます。
http://www.ustream.tv/recorded/6936834
| pocco | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
Page: 1/11   >>

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Entry

Category

Archives

Comment

Trackback

Profile

About

poccoアート・デザイン観賞日記。現代アート、パフォーマンスが好きです。本業はウェブでザーナー。

Search

Feed

Others

Mobile

qrcode
-->